電子マネーどれがいい?おすすめベスト3を紹介します

スポンサーリンク
節約で貯める
電子マネー沢山あるけど、結局どれが一番使いやすいの?
どれが一番使えるお店が多いの?
電子マネーに迷えるあなたに、結局どれが一番使えるのかを今回検証してみました。
ゆめだるま
ゆめだるま

増えすぎるとアプリ等の管理が面倒くさそうだし、よくわからないからクレジットカードでよくない?

と実は私も思っていたのですが、使ってみたらびっくりするくらい簡単でクレジットカードよりこっちの方がいい!

となって今や払えるところではすべて電子マネーで払っています。

使ってみるとクレジットカードよりも無駄遣いが減らせるし会計も早いので、是非まだ初めてない人は初めて欲しいと思い、私のおすすめの電子マネーをご紹介します。

スポンサーリンク

電子マネーどれがいい?おすすめベスト3

結局電子マネーは何を準備すればいいのかということですが、私が実際に使ってみておすすめの3種類をベスト3で紹介します。

No.1:PayPay(ペイペイ)
No.2:楽天Pay
No.3:メルペイ

私のおすすめ電子マネーベスト3はこのようになっています。

それぞれの電子マネーがなぜおすすめなのかご紹介させていただきます。

電子マネーおすすめNo.1:PayPay(ペイペイ)

電子マネーおすすめの1つ目はPayPay(ペイペイ)です。

PayPayはどこよりも早く電子マネー祭りを開催していたイメージがあります(100億円あげちゃう企画)

参入が早かったというのと、私たちがお金を支払う側であるお店側のスマホ決済導入が0円で簡単にできるという仕組みのおかげでかなり小規模な店舗でもPayPayでのスマホ決済が可能なところが多いです。

  • 個人のカウンターのみのラーメン店
  • 個人の古民家カフェ
  • クレジットカード使えないお店

上記のようなお店でもPayPayだけは使えるというのを見たことはないでしょうか?

お店側の導入コストが0円なので、普及率が一番高いのもうなずけます。

■ QRコード決済の認知は「PayPay」がトップ、次いで「楽天ペイ」、「LINE Pay」

次に、QRコード決済のサービス名認知以上の対象者(n=16,994)に、知っているサービス名について聞いたところ(複数回答可)、サービス名の認知は「PayPay」が70.4%、「楽天ペイ」が61.9%、「LINE Pay」が59.7%という結果になった。

MMD2019年7月 QRコード決済の認知調査より

使えるお店が多いというのは現金を持ち歩きたくない人にとってはそれだけで価値があります。

私のようにたくさんの電子マネーを管理するのが嫌だから最小限にとどめたい人には、使える場所の一番多いPayPay(ペイペイ)がおすすめです。

現在キャンペーン中で2%~10%の還元がお会計したその場で行われるので、PayPayが使えるところでは使った方がいいですね。

電子マネーおすすめNo.2:楽天ペイ

電子マネーおすすめNo.2は楽天ペイです。

これは楽天ヘビーユーザーの方やOisix(オイシックス)ユーザーの方(つまり私)におすすめなのでかなり個人的見解を入れてNo.2になっています。

私が楽天ペイを導入している理由は、Oisix(オイシックス)の支払いで使えるからです。

しかも、Oisix(オイシックス)を楽天ペイで支払って楽天ペイの支払いを楽天カードで行うと…

①楽天ペイで購入することで1%
②楽天カードの利用で1%

合計2%のポイントが取得出来るのです!

我が家では毎週必ず注文するOisix(オイシックス)なので、1%の還元でもチリが積もれば大きいのです↓

大体月に4万円程度はお買い物するので1%違うと400円違ってきます。

年間で考えると4,800円です。

ちりも積もれば山となる。

ゆめだるま
ゆめだるま

Oisix(オイシックス)ユーザーは楽天ペイがおすすめだよ。

ただ正直街で支払える個所はPayPayに比べるとやはり少ないので、電子マネーどれか1つしか使わない!となるとPayPayの方が便利かと思います。

そこは普段外食やお買い物等の金額と、オイシックス等で使用する金額との割引額を天秤にかけてどちらを使うのか決めるのもよいですね。

電子マネーおすすめNo.3:メルペイ

電子マネーおすすめNo.3はメルペイです。

こちらはメルカリを使っている人という前提でオススメランキングにランクインしています。

個人売買システムを提供しているメルカリが発行している電子マネーです。

メルカリで商品を販売した場合に得られるお金を現金化するために、今まではメルカリで振り込み申請を行って手数料を払って銀行に振り込みを行っていました。

ですがメルペイがあるとメルカリでの売上金額をそのままメルペイとして利用することが出来るので振り込み等の手間がかからないです。

なのでメルカリを売る側として使用している人は是非メルペイを導入すると振込の手間や振り込み手数料が削減されるのでおすすめです。

そして今はメルペイの”すすメルペイ”キャンペーン中!

こちらのキャンペーンページからメルカリに進んでもらって、以下の紹介コードで登録するとなんとそれだけで1,000円貰えます!

いつ終わるかわからないオトクなキャンペーンなので、まだ紹介されていない人は是非やってみてくださいね~!

紹介コード → JVNDTK

すすメルペイはこちらから

ゆめだるま
ゆめだるま

振込手続き面倒だし、手数料かかるからメルペイでそのまま電子マネーとして使えると一番楽ちんだよね!

メルカリをまだやってない!って場合はこちらのメルカリ登録ページから、以下の6桁のアルファベットの紹介コードを使うと300円分のポイントを貰えるのでお得です!

メルカリは自分の家にあるものが誰かに必要とされている場合家にいながらお金に変えられる素敵なアプリ。

私も不要なものを出店して毎月1,000円~10,000円程度のお金を得ています!

気になる方はこちらから登録すると300円分のポイントがもらえるので、上記すすメルペイキャンペーンと合わせると1,300円もらえますのではじめるなら今です。

紹介コード → JVNDTK

・メルカリ登録はこちら

電子マネーどれがいい?電子マネーをおすすめする理由

最初は管理の面倒くささや提供しているサービスのあまりの多さから、アンチ電子マネー派でしたが使ってみるとその楽さと便利さになくてはならないものになりました。

そんなアンチ派だった私が電子マネーをおすすめの理由は以下の3つです。

チャージ型にしておけば現金よりも残高の把握が楽
今月はいくら使うと決めておいてその額だけチャージしておけば、残りの金額を現金だと数えないとわかりませんが電子マネーだとサクっと数値で見ることが出来ます。
もちろん使用履歴もみれるので家計簿いらず。
会計の時に財布を出さなくてよい
これが結構ストレスレス。お会計の時にスマホだけで完結するというのが楽で安心です。
お財布を出したりしまったりする回数が増えると置き忘れやスリの危険性高まりますからね。
キャッシュレス割引の恩恵を受けられる
現在国がキャッシュレス推進しているので一定の割引を受けられてオトクです。
 
以上、この3つだけでも私にとっては導入する価値がありました。

 

ゆめだるま
ゆめだるま

ゆくゆくは財布の中には現金を入れないようになるだろうな~。

財布には保険証や免許証、ポイントカードのみ。

支払いはほぼ電子マネーになって、使いすぎてしまう可能性のあるクレジットカードも解約してもいいかなと思っています。→オートチャージ機能はOFF前提で。

現状、払えるお店の数を考えるとやはりPayPay(ペイペイ)が一番優勢ですね。

払う側が準備出来ていても、お店側が準備できていなければ使えないので、導入の壁を低くしたPayPayが2019年11月時点では一番利便性の良い電子マネーですね。

電子マネーどれがいいの?まとめ

本記事では以下の電子マネーおすすめベスト3をご紹介しました。

No.1:PayPay(ペイペイ)
No.2:楽天Pay
No.3:メルペイ

住んでいる地域や普段利用しているサービス等によって、おすすめの電子マネーは変わってきますが私はこの3つを現在使っています。

今後さらに電子マネーの普及でキャッシュレスが進むと思われますが、実際に使ってみるととても便利で簡単なので、そろそろ落ち着いてきたし使ってみようと思っている方の参考になれば幸いです。

ゆめだるま
ゆめだるま

Twitterではブログの最新情報や役立つ情報を発信中!(@Yumefab_2016)気軽にフォローして仲良くしてね~!

この記事を書いた人
ゆめだるま

節約してお金を貯めて投資で増やすのが得意なフルタイムワーママ。貯めたお金で国内株式とFX運用中。ズボラほったらかし投資で1000万円以上の含み益を得ています。

ブログや投資で稼ぐためのノウハウ公開中。

\是非フォローしてね!/

ゆめだるまをフォローする
節約で貯める
スポンサーリンク
\ シェアしてね! /
ゆめだるまをフォローする
ゆめだるまねー
タイトルとURLをコピーしました